そえだ勝ブログ

先日、介護現場でのパワハラ勉強会に行ってきました。

IMG_20190827_153509_20190827155510.jpg

皆さん、現場で一生懸命介護をされても感謝されず、お客さんによっては心無い言葉をあびせられたりした経験がおありのようです。私も10年前の介護現場時代はそんな経験を山ほどしてきましたが、最近はよりひどくなっているとのことです。

IMG_20190823_190022_20190827155522.jpg

もちろん、そんなお客さんは一部ですが、これもまた、ヘルパーさんが辞める大きな要因の一つになっています。

最近の介護現場は私がいた頃よりは労務環境が格段に良くはなっていますが、お客さんの権利意識は高くなっているようで、そうした新しい苦労をされている方が増えていることは極めてショックでした。

今後、権利意識の高い人はより増えていくとされている中、私も引き続き、「介護現場を働きやすい環境にしていく一助になる」というモットーを忘れず、改めて、気合いを入れ直さねばと思わされたひと時となりました。

先日、静岡県菊川市の家庭医療センターに行ってきました。なぜ家庭医が必要かといえば、それは「持続可能な医療をつくるため」。これに尽きます。

IMG_20190824_102139_20190827135815.jpg

IMG_20190824_102439_20190827135837.jpg

日本の医療は「臓器別」と言われる体制になっています。心臓・腎臓・肺・胃腸等々、臓器によって、医師が変わります。皆さんも腹が痛ければ胃腸科、風邪をひけば内科、目のことならば眼科といったように、臓器によって医療機関を選んで受診しています。

IMG_20190824_114401_20190827140001.jpg

IMG_20190824_114425_20190827140008.jpg

しかし、これこそが医療機関同士の連携の妨げになっているとも言えます。無論、大病院のような専門特化すべきところは別ですが、最初のとっかかりは、「気心が知れたかかりつけ医が全て診ることができ、そして、専門性ある医療機関につなぐ」という体制が理想です。

それぞれの臓器により診る医師が異なれば、既述のように連携に支障がでるだけでなく、患者本人は臓器別に医療機関を渡り歩くことになり、それぞれに初診費用がかかり負担が増え、最終的には医療費膨張にもつながります。ゆえに、「持続可能な医療」のためには、一人ですべての診療ができる「総合医=家庭医」が必要なのです。

IMG_20190824_103703_20190827140132.jpg

IMG_20190824_104822_20190827140143.jpg

全診療科のカルテや資料があります。家庭医の先生方の勉強範囲は多岐にわたります。

IMG_20190824_104619_20190827140227.jpg

小児・婦人病棟まであります。

また、ここ菊川市では家庭医の先進地域というのはもちろん、ベテランの先生が若い先生とマンツーマンで指導に当たる体制もできています。つまり、家庭医の知見が脈々と受け継がれていける、持続性があるのも素晴らしいところです。こうした、先進的な動きを川崎でも広めるべく努力して参ります。

少年野球チームの夏祭り

先日、応援していただいている少年野球チームの夏祭りを手伝ってきました。

1564208489746_20190728115527.jpg

挨拶回りでよく祭りは訪問しますが、今回は初めてお手伝いから入りました。

IMG_20190727_151644_20190728115539.jpg

やはり、地域を盛り上げる方々と同じ立場になることで、改めて地域をお支えくださる方のお骨折りを実感し、感謝の思いになりました。

ご覧のように焼鳥屋のオッサンです(笑)
先日、松下政経塾OBの東北出身者の会仙台市にてありました。

blog061201.jpg

これは、市内の駅で千葉くんの応援弁士を務めているところですが。

私は川崎の人間ですが福島県出身ということで、事務局を仰せつかり、今回で東北塾員会は3回目になりますが、初めて企画運営からすべて取り仕切りました。

blog061202.jpg

玄葉元外務大臣、小野寺前防衛大臣、村井宮城県知事といった錚々たるメンバーがいるのが東北塾員会であり、また、パナソニックの幹部の方々、OBの方々、PHP友の会方々等の私なんかよりも、松下幸之助塾主に非常にゆかりのある方々ばかりで、かなり緊張しましたが、松下政経塾関係者で党派を超えて、引き続き、東北の復興をこれからも後押ししていこう、との決議がなされ、なんとか乗り切れました。


さて、サブタイトルにあるように、政経塾同期が仙台市議選の太白区選挙区から出馬します。新聞記者10年の実績がある、44歳の即戦力です。ちば修平 よろしくお願いいたします。

blog061203.jpg


最後に、来年はいよいよ、故郷福島県石川郡石川町開催となりました。幼なじみが経営する、母畑温泉 八幡屋(ぼばたおんせん やはたや)がその会場です。

一昨年の日本旅館ランキングでは、30年以上に渡って王座に君臨した「石川県 加賀屋」を抜いて、日本一になりました。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/195965

これは仕事とは全く関係ありませんが、福島出身者としてライフワークとして、いままで2期8年間やってきた福島支援に繋げるべく、また来年も東北塾員会事務局長として、汗をかきたいと思います。

家族の介護を原因として、キャリアを失わなければならない方が日本にはどれだけいるかご存知でしょうか。

その数は、年間約10万人。

しかも、そのうち8割は女性の方々であり、さらに、その中でも職場復帰できた方々は、実にその4分の1に過ぎないという厳しい現実がこの国にはあります。介護休暇も存在していますが、実際はご本人が言い出しにくく、その取得率は1割にも満たない状況です。そこで、逆介護保険を少しでもそれに寄与できるよう進めていきたいです。

どういうことかと言うと、繰り返しの説明になりますが、今の介護保険は高齢者の介護状態を改善させる事業者には報酬が減り、その反対の場合には報酬が増えます。自立支援に寄与する事業者ほど報酬減になるのだから、つまり、良質な事業者ほど、市場から淘汰されていくという現実が今の介護保険制度です。

それを逆にして、介護状態の改善に注力する事業者には報酬増を図り、そこで働くヘルパーにできる限り多くその報酬が還元され、さらに良質介護をするヘルパー増員に繋げ、安心の介護インフラ整備へ。そして、親御さんを良質介護のプロに任せられる状況をつくり、結果として、介護離職をなくし、仕事や子育てに専念できる環境ができていく。

soegagyakukaigo190624.png

それが逆介護の目指す姿です。高齢者や事業者のためだけでなく、働くお父さんお母さんはもちろん、これから家族介護を意識していく方々も含め、全世代の良い効果に繋げるべく、引き続き、逆介護保険を深堀し、拡大に努めて参ります。


月別 アーカイブ