そえだ勝ブログ

毎年、我が家ではお盆は「家族登山」と決めています。

0101.jpg

昨年は白馬岳(標高2932m)の往復でしたが、今年は高さだけでなく、縦走(尾根を伝い、山から山へと高い位置同士における移動)も取り入れた2泊3日のテント泊で行いました。お盆休みが3日取れたので、それにすべてを費やしました。

0102.jpg

燕岳(標高2763m)、大天井岳(標高2922m)、常念岳(標高2857m)の縦走でした。小2の息子は「もうだめだ、もうできない・・・」等々、弱音を吐きまくりでしたが、妻と小5の娘に助けられながら、なんとか頑張ってくれました。

私は息子に「獅子の子落とし」的なかけ声しかできませんが、そこは妻と娘にフォローアップしてもらいながら、なんとか乗り切れました。2日目の標高の高い大天井岳登山では、大雨との戦いでしたが子供たちが頑張っている姿、妻が懸命にフォローする姿を見て、改めて私自身のファイトが沸きました。

0103.jpg

我が家の教育方針として、「苦労した後に喜びが待っている」ということを子供達には体感してほしいので、「苦しんで登った後は素晴らしい眺めが待っている」という登山は、非常にそれが認識し易い活動の一つだと思っています。また、滑落の危険を伴う命にかかわる場面も多くありますから、子供たちへの教育だけでなく、私自身の「父親力」を高める良き機会になるとも考えています。

登っている最中は、私自身も子供ら同様、「二度とやるもんか!」と思いますが、頂上での爽快感と達成感が忘れられず結局、毎年、山に吸い込まれてしまいます(笑)。わずか三日の夏休みでしたが、今年も最高の風景を子供達と堪能できた嬉しい時間となりました。

そして、川崎にとんぼ返りしての翌朝の駅頭演説はさすがに死にそうでしたが(苦笑)

市議としての仕事とは別に、福島出身者として、「福島を忘れない」という意味合いを込めて、福島の今、あるいは福島で何が起きたのか等々、よく講演する機会を頂き、情報発信に努めています。

1533458295307_20180805193707.jpg


今回は中央大学の学生が「福島第一原発の見学に行くので、原発の基礎知識と原発事故について教えてほしい」との依頼を受け実施。

1533458304185_20180805193923.jpg

原発の発電の仕方やその構造等、基本的なことから話します。

1533458317335_20180805193958.jpg

高校時代に化学と物理であとにも先にもない0点を取った経験がありますが、そんな僕が核分裂による原発の発電行程を説明している現在に、隔世の感があります(苦笑)

1533458357535_20180805194059.jpg

その後、事故の説明、事故時に私が政治活動をほっぽりなげて避難所の支援に当たっていたこと、当時の原発の状況と現場で何が起きていたかという話の際は、本当に真剣な眼差しで聞いていました。

質疑応答も非常に活発で、問題意識の高さに感心しました。

1533458328128_20180805194124.jpg


一人でも多くの方が福島に思いを馳せ、そして、自分なりに感じたことを他の人に伝えてくれたらなと思いました。

1533458287822_20180805194145.jpg

そうした地元だけでなく他の地域に思いを馳せる機会を創出していくことこそが、今、災害に苦しむ西日本の方々へも思いを馳せることに繋がるものと信じ、私は私なりの、いや私にしかできない、被災地応援をしていきたいと思います。

私は毎月、某介護施設の研修講師を行っています。いつも職員の方の業務終了後に行うのと私も貧乏暇なしで、夜の時間になってしまいますが、この日は早い時間から行けたので、一緒に食事をしながら、皆さんといろいろお話してきました。

180827-1-000.jpg

時期も時期だけに戦争時の空襲の体験談、戦後にひもじい思いをした話、そして、行動成長の熱血サラリーマン時代の話等々、歴史の勉強をしているようなひとときでした。

180827-1-002.jpg

私も話し相手ボランティアのみならず、久々に高齢者の方々の体に直接触れ移動の手伝いをさせてもらったり、職員の方の補助をさせてもらったりしながら、現場感覚を取り戻す良き機会となりました。

やはり、高齢者ご本人も「自分でできることはしたい」と思っている方が多い一方、その生活支援をするヘルパーさんたちも「高齢者ができないことのみを手伝いつつ、少しずつできるようにしていく」というマインドでした。これにより、高齢者が機能改善に向かえるようになっていきますが、それで改善すると嬉しい反面、介護報酬減になるのが今の介護保険。それゆえ、機能改善を優遇する逆介護保険を改めて推進せねばと感じた時間ともなりました。

今年も学生インターン生がやってきました。まずは街頭演説チラシ配り洗礼!?

18081601.jpg


先日は大学院生である高校の後輩が来てくれましたが、今回は大学1-2年生。気温は35-6℃はあった思います。先日同様、学生をさておき、40のおっさんは調子に乗ってしまい、延々5時間。学生さんにとっては地獄絵図ですね(苦笑)。。

18081602.jpg

あとから、この間と同じでやはり、「やり過ぎ」「勘弁して」等々、大ブーイングで、ちと反省させられました。。。。皆さんも熱中症対策は怠りなく!「お前が一番気を付けろ」と言われそうですが(苦笑)
先日、娘が幼稚園だった時にパパ友になった方が経営する健康麻雀教室に行ってきました。

180807-1-001.jpg

マージャンというと、いわゆる「賭けマージャン」を思い浮かべる方も少なくないため、あまりいい印象を受けないかもしれません。しかし、それは大きな誤解なんです!ここでは、賭け事はもちろん違法ですからやりませんが、皆さん、認知症予防や脳トレ等の一環として、マージャンをやっておられました。

180807-1-002.jpg

180807-1-003.jpg


女性もマージャンを覚えてハマっている方が多いようです!「頭も使うし勝ちたいって燃えるのよ」とおっしゃる女性も結構いました。この「勝つために燃える」、つまり、「勝つために本気になって考える」という行為こそ、最大の認知症予防といえます。

180807-1-4.jpg

ランク付けもしながら、さらに闘争心!?をくすぐります。

180807-1-5.jpg

川崎市長杯もあるのね!? 皆さんの勝つための真剣なまなざしを見て、「こりゃボケんわ」と、率直に感じました。

一方、デイーサービスや介護予防教室等に参加されている方って、女性がすごく多いんですが、ここは男性の真骨頂「マージャン」ですから、男性ももちろん、多くいます。男性の退職後の居場所については、現状の日本では会社人間であった方が多いため、よく問題視されています。また、デイ等に通っても、気さくに仲間作りができる女性と違い、なじめない男性も少なくありません。その点、健康マージャンは、男性が楽しめる場所として、男性の居場所としての役割も大いに期待できます。

認知症予防、そして、男性の居場所、私は今回、健康マージャンは今後の高齢社会には必要な施策だと強く感じました。強く応援していきたいと思います!